身体から出る加齢臭を対策するには、まず原因を知ることが大切です

レディ

加齢臭の原因

栄養補助食品

加齢臭の原因となる物質

身体から加齢臭が出てしまうのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによってノネナールという物質が発生してしまうためです。40代から症状が起き始める理由としては、40歳を超えてくると体内の酸化に対する抵抗力が低下してしまうため、身体から脂肪酸と過酸化脂質が分泌される量が増加してしまうためです。

生活習慣病との関係性

加齢臭は肥満などの生活習慣病とも密接な関係があります。皮脂腺に脂肪分が増えてしまうと、加齢臭の元となるノネナールの量も多くなってしまいます。消臭効果のある加齢臭対策のサプリメントなどでも軽減できますが、生活習慣を見直す必要は出てきてしまいます。

食生活が原因になることも

最近は食文化も欧米化が進み、高たんぱくや高脂肪な食事も日常に増えてきています。こうしたものを好んで食事を行っていると、体内に脂肪分が溜まりやすくなってしまい、結果として加齢臭の原因となってしまいます。

ストレスも加齢臭の原因

食事や生活習慣だけの問題ではなく、ストレスも加齢臭の原因の1つです。ストレスの蓄積によって体内の活性酸素が増えてしまうことで、過酸化脂質が増えてしまいます。

飲酒や喫煙なども注意

嗜好品であるアルコールやタバコなどは、体内の成分を酸化させてしまいますので加齢臭の原因となりやすいです。加齢臭を気にするのであれば控えたほうがいいでしょう。