パックやマスクの働き

美容液

タイプや特徴

顔への美容成分や保湿成分の浸透を高めることができるのがパックやマスクです。保湿重視のエイジングケアをする上で、パックやマスクは必要不可欠なアイテムです。一回分ずつ個別包装されているのがマスクタイプのパックです。マスクタイプのパックは目や鼻や口の部分が空いていて、顔にぴったり密着させて使用します。そうすることでマスクに含まれているエイジングケア成分がじっくり浸透し、深層部から潤いがアップしてみずみずしい肌になります。剥がすタイプのパックもあります。クリームやジェル状になっていて、顔に塗って数分すると乾きます。乾いたクリームやジェルを剥がすことで、古い角質や毛穴の汚れなどが取れて肌が剥き立て卵のようにすべすべになります。肌のくすみや毛穴の黒ずみが気になるときにすると効果的なエイジングケアです。部分的にエイジングケアをしたいときには、洗い流すタイプのパックがおすすめです。洗い流すタイプは乾燥が気になる部分などに塗って、数分置いてから水やぬるま湯などで洗い流すパックです。放置している間に皮膚に保湿成分や美容成分が浸透し、肌に活力が生まれます。洗い流したあとはいつもと同じように化粧水や乳液で肌を整えればよいだけです。パックやマスクはとても美容効果が高いですが、肌が栄養過多にならないように、週1回から3回程度に留めるのがベストです。また、肌への刺激を避けて日焼け跡や肌荒れがある場合は治ってから使うことが大切です。

PICK UP

化粧水

セラミドの働き

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、加齢で自然になくなっていく美容成分は沢山あります。セラミドも年を重ねると少なくなる美容成分です。しかし、セラミドは角質層にあるので、セラミド配合の基礎化粧品でエイジングケアをすれば補うことができます。

女の人

シミの改善

エイジングケアの化粧品には、様々な成分のものがあります。まずは自分のどの症状を改善したいのかをはっきりとさせ、それに適した成分の化粧品を選ぶべきです。それぞれに効果やそれに伴う副作用などがあるので、事前によく調べると良いでしょう。

女の人

肌を保護するために必要

どれだけエイジングケアに効果的だと評価される化粧品でも、塗布する量を間違えると皮膚に刺激を与える事になりかねません。皮脂の分泌量を安定させるためにも、化粧品の使い方は間違えないようにして、ニキビにも正しく対処をしてください。

Copyright© 2017 年齢に合ったエイジングケアをはじめよう【若々しい見た目を保つ】 All Rights Reserved.