セラミドの働き

化粧水

失った潤いが復活する

シワやたるみに効くというリフトアップ成分は、エイジングケア基礎化粧品によく配合されています。最近注目されている美容成分が「セラミド」です。セラミドは角質で皮下の潤いを守っている、大事な細胞間脂質です。ヒアルロン酸やコラーゲンなど沢山リフトアップ成分がありますが、セラミドは肌の潤いを保つのにとても効果的に作用します。ヒアルロン酸が減ったぶんをヒアルロン酸配合のエイジングケア用基礎化粧品で補うことは不可能です。なぜならヒアルロン酸があるのは真皮層で、あらゆる基礎化粧品は真皮層までは浸透しないからです。コラーゲンも同じように真皮層にあるので、コラーゲン配合のエイジングケア用基礎化粧品で真皮のコラーゲンを増やすのは不可能です。しかし、セラミドがあるのは真皮層の上にある角質層で、基礎化粧品でアプローチできます。つまり、セラミドがなくなっても、セラミドを配合した基礎化粧品を塗れば、失ったぶんを増やすことができるのです。セラミドはマッサージやクレンジング、洗顔などを繰り返すとその刺激によってどんどん少なくなります。そうすると肌のバリア機能が低くなり、シワやたるみに繋がります。毎日のお手入れでアンチエイジングをしたいなら、セラミドをエイジングケアに取り入れるのが効果的です。セラミドが増えて肌の皮脂バリア機能が強化されれば、シワやたるみを始めとして毛穴の開きやニキビなど、あらゆる肌トラブルを予防できます。

PICK UP

化粧水

セラミドの働き

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、加齢で自然になくなっていく美容成分は沢山あります。セラミドも年を重ねると少なくなる美容成分です。しかし、セラミドは角質層にあるので、セラミド配合の基礎化粧品でエイジングケアをすれば補うことができます。

女の人

シミの改善

エイジングケアの化粧品には、様々な成分のものがあります。まずは自分のどの症状を改善したいのかをはっきりとさせ、それに適した成分の化粧品を選ぶべきです。それぞれに効果やそれに伴う副作用などがあるので、事前によく調べると良いでしょう。

女の人

肌を保護するために必要

どれだけエイジングケアに効果的だと評価される化粧品でも、塗布する量を間違えると皮膚に刺激を与える事になりかねません。皮脂の分泌量を安定させるためにも、化粧品の使い方は間違えないようにして、ニキビにも正しく対処をしてください。

Copyright© 2017 年齢に合ったエイジングケアをはじめよう【若々しい見た目を保つ】 All Rights Reserved.