加齢臭は色々な方法で予防や対策をすることができます

レディ

運動をする際の注意

激しい運動だと逆に体内の活性化酸素を増やしてしまいますので注意が必要です。運動をする時は、息が上がりにくいジョギングなどの有酸素運動をするようにしましょう。

生活習慣以外で加齢臭を対策していくには

サプリメントを活用する

最近では加齢臭を抑えるためのサプリメントを薬局やスーパーなどでも購入できるようになっています。生活習慣や食生活を見直しながら、サプリメントを併用していくことでより加齢臭を軽減していくことができます。サプリメントを利用することで原因となっている過酸化脂質に直接アプローチをかけることができ、スムーズに有用成分を身体に浸透させることができます。効果も数日で出てくる場合が多く、対策や予防の一つとして非常に有効です。

ミョウバンを利用する

ミョウバンには制汗効果や消臭効果があり、加齢臭そのものを消臭するのに効果的です。れんこんやごぼうのアク抜きなどに使われるため、スーパーなどで市販されています。このミョウバンを水に溶かして気になる部分にスプレーすることにより手軽に対策をすることができます。

ガムを噛む

ガムは身体から香る香水とも言われていて、身近な消臭対策として幅広い年代の人に愛されています。もちろん加齢臭の対策としても有効です。

香水の使い方に気をつける

強い香りで誤魔化すために香水を利用する場合がありますが、香水だけでは根本的な対策にはなりません。体臭を軽減した上で香水を利用することでより効果が期待できます。

加齢臭に効果のある石鹸を使う

毛穴に詰まってしまった過酸化脂質を落とすためには、加齢臭に効果のあるとされている石鹸を使用するといいでしょう。通常の石鹸では落としきれない臭いまで落とすことができます。

加齢臭の予防と対策

男の人と女の人

加齢臭を対策するには

身体から出る加齢臭を対策するには、睡眠や運動などの生活習慣を整えていく他にも、様々な面から対策することができます。いくつかピックアップしていますので参考にしていきましょう。

安定した睡眠を取る

睡眠不足が続くと体調も不安定になってしまい、体内の成分の酸化も進んでしまいます。定期的な時間帯で充分な睡眠を取るようにすることが重要です。

皮脂の分泌を促進させる食品を避ける

コーヒーや乳製品、豚肉などは皮脂の分泌を促進させる効果があります。こうした食品の摂取を控えることで、より加齢臭を抑えていくことができます。

摂取するアルコールを赤ワインに置き換える

アルコールは適度な飲酒であれば活性化酸素を少なくすることができます。赤ワインは抗酸化作用があるポリフェノールが多く含まれているため、より効果が期待できます。しかしながら摂取する量が多いと消化のために活性化酸素を産む原因となってしまいますので、適量を摂取するようにしましょう。

軽い運動を心掛ける

ウォーキングや水泳などの息が乱れない程度の有酸素運動を取り入れることで、活性化酸素に対する抵抗力を高める事ができるようになります。